銀行からの評価に関するメリットがファクタリング

TOP > ファクタリングについて > 銀行からの評価に関するメリットがファクタリング

銀行からの評価に関するメリットがファクタリング

金融会社から融資を受けたい時は、財務状況も確認されます。
確実に返済できる企業であるかどうかを見極める為に、金融会社としても財務が健全であるかどうかを確認している訳です。
もちろん財務状況が健全であれば、融資を受けやすくなる傾向があります。
ところで財務状況を見極めるポイントの1つは、自己資本比率です。
企業によっては、銀行やノンバンクからお金を借りている事もあります。
その場合、自己資本比率の数字は若干低めになります。
銀行としては、その比率が高いかどうかを基準に企業を見極めている事も多いです。
比率が一定以上の数字でなければ、銀行から融資を受けるのは難しくなってしまう事もあります。
企業としては、その比率に気を使っている事も多いです。
銀行から高く評価される為に、自己資本比率を高くしたいと思っている企業も多数あります。


ところでファクタリングには、その財務状況に関するメリットがあります。
財務状況が健全であるように見せる為に、ファクタリングが検討される事も多いです。
ファクタリングは、お金を借りる商品ではありません。
自社が抱えている売掛金を売却する商品になりますから、少なくとも銀行やノンバンクからお金を借りる訳ではありません。
という事は、その方法で資金を調達すれば、負債の比率を減らせる訳です。
自己資本比率の数字が高くなりますから、銀行からの評価も高くなる傾向があります。
しかもファクタリングは、早期に資金を現金化できるメリットもあります。
半年後などに売掛金が支払われるのは困ってしまいますから、早めに現金化してお金を確保する事もできます。
スピーディーにお金を確保したい時は、とても便利です。


ところでビジネスローンなどの融資商品は、記録が数年間残ってしまうデメリットがあります。
確かにその融資商品は便利ですが、ノンバンクからお金を借りたという事実は、履歴として残ってしまいます。
そして金融関連の各会社は、その履歴を確認できるようになっています。
金融業界で共有できる専用システムがあり、過去にお金を借りていたかどうかもすぐに分かる訳です。
ビジネスローンは、5年間ぐらいは履歴が残ってしまいます。
ですから一旦お金を借りますと、5年ぐらいは融資を受けるのは難しくなる事も多いです。
しかしファクタリングは、お金を借りる商品ではなく、あくまでも売掛金を売却する事になります。
上記のように、履歴が残ってしまう訳ではありません。
ですから銀行からの評価を気にしている方々は、しばしばファクタリングを活用しています。

次の記事へ