役所から融資を受けるよりファクタリングがおすすめの理由

TOP > ファクタリングについて > 役所から融資を受けるよりファクタリングがおすすめの理由

役所から融資を受けるよりファクタリングがおすすめの理由

多くの事業者は、よく公的機関に相談しています。
設備投資などでまとまったお金が必要な時に、役所などに相談している事業者は多いです。
役所から融資を受ける事も可能だからです。
市区町村には事業者に対する支援制度も色々あって、相談すればお金を借りる事もできます。
ローン商品と比べれば金利も低めですし、役所に相談している法人も多いです。
しかし役所からお金を借りるのは、少々時間がかかります。
最短でも1ヶ月ぐらいかかる事が多いです。
かえってノンバンクから借りる方が早いこともあります。
また役所で手続きを踏むのであれば、色々な書類も提出する必要があります。
役所は書類審査が厳しいので、審査落ちになってしまう可能性もあります。
必ずお金を借りられるとは限りませんから、注意が必要です。


ところで事業資金を確保したい時は、ファクタリングという方法もあります。
ファクタリングは、売掛金を買い取ってもらう金融商品です。
例えばある時に、取引先のために仕事をしました。
その結果、取引先からは8ヶ月後に300万円支払われる事になりました。
いわゆる売掛金を抱えている状態になります。
ところで金融会社によっては、その300万円という債権を買い取ってくれる訳です。
ただし300万円が満額で支払われるのではなく、手数料は差し引かれます。
10%や20%程度の手数料が引かれるので、実際には200万円台の買取額が支払われる訳です。
手数料はかかるものの、ファクタリングにはスピードに関するメリットがあります。
その買取サービスは、手続きは非常にスピーディーです。
金融会社によっては買取額が即日支払われる事もあるので、急いでお金を確保したい時には便利です。


ところで役所からお金を借りる場合、大抵は事業計画を伝える必要があります。
計画性がないと、役所としても融資を行うのは難しいからです。
ですがお金を借りる側からすると、計画を立てるのは大変です。
計画書なども作成しなければなりませんから、やや手間がかかります。
まして書類審査もありますし、確実にお金を借りられるとは限りません。
しかしファクタリングの場合は、わざわざ事業計画を伝える必要はありません。
確かにファクタリングも、対面審査はあります。
金融会社のオフィスに行って、審査を受けるケースもよくありますが、それでも計画書などを提出するケースはまずありません。
役所から融資を受けるよりは、審査も通りやすいです。
手間をかけて書類を作成する必要はありませんから、比較的手軽に資金を調達できるメリットもあります。

次の記事へ