TOP > ファクタリングについて > 土日でも資金を調達できるファクタリング

土日でも資金を調達できるファクタリング

事業資金を確保したいなら、銀行からお金を借りる方法もあります。
普段からよく利用している銀行に相談して、お金を借りている事業者も多いです。
しかし銀行には曜日に関するデメリットがあります。
日曜日などに資金を調達するのは困難なので、注意が必要です。
そもそも銀行が営業している曜日は、主に平日に限定されます。
たとえ土曜日や日曜日に銀行の実店舗に訪問したところで、確実に閉まっています。
ですから銀行に相談するのは、主に平日限定になってしまう訳です。
ですが資金を確保したいというニーズが生じるのは、何も平日だけではありません。
急に日曜日に資金が必要なケースも、たまにあります。
ところで、その状況で売掛金を抱えているのであれば、ファクタリングというサービスも検討してみる価値があります。


ファクタリングとは、売掛金を売却する金融商品になります。
例えば半年後に100万円が支払われる予定があるなら、100万円という売掛金を保有している訳です。
金融会社によっては、その半年後に支払われる予定のお金を買い取ってくれる訳です。
いわゆる債権を買い取る形になります。
上記のように土曜日や日曜日にお金が必要な時などは、そのサービスはとても助かります。
半年後に支払われるのではなく、当日中の買取が可能な業者もあるからです。
現にある専門業者は、たとえ土曜日や日曜日でも手続きは可能ではある旨を明示しています。
その業者が指定する書類は提出する必要がありますが、条件を満たせば当日中に買い取ってくれる訳です。
ですからファクタリングは、銀行融資よりも便利であるという声も多いです。


ただし注意すべき点もあります。
買い取られると言っても、満額になる訳ではありません。
例えば上記のように100万円という売掛金を売却するのであれば、80万円台などで支払われるケースも多々あります。
82万円や85万円などが支払われるのであり、100万円がそのまま支払われるサービスではありませんから、注意が必要です。
つまりファクタリング業者は、その差額分の手数料を徴収する事で、利益を得ている訳です。
その手数料が高いかどうかを基準に、ファクタリング業者を選んでいる方も珍しくありません。
手数料はかかるものの、そのサービスは便利という声も多いです。
というのも人によっては、手数料よりもスピードを重視している事もあります。
たとえ上述のような20%ぐらいの手数料がかかっても、スピーディーに支払われるのであれば、問題ないという声もあります。
速やかに資金を調達したい時は、ファクタリングも検討してみると良いでしょう。