個人でもファクタリングを利用して資金を調達出来るのか

TOP > ファクタリングについて > 個人でもファクタリングを利用して資金を調達出来るのか

個人でもファクタリングを利用して資金を調達出来るのか

皆さんは、企業などの資金調達法としてもおなじみのファクタリングが個人利用出来るのをご存知でしょうか。
この個人向けのファクタリングは給与ファクタリングとも呼ばれるサービスです。
企業でいう所の売掛債権を給与債権に置き換えその債権を買い取り、個人の資金調達法として利用するこのサービスは、急な出費が必要になった時に、借金ではない方法でまとまった資金を短期間で手に入れることが出来るという事もあり、注目を集めている資金調達法となりつつあります。
さらにこの給与ファクタリングは、借入ではないと同時に給与の前借りという性質ではないという事も大きなポイントの1つです。
給与の前借りという形になると、将来の労働などで担保しなくてはならない可能性があります。
他にも、利息付きの返済を求められないという点もこの給与ファクタリングのメリットの1つと言えます。


給与ファクタリングにも、企業間のファクタリングと同様2社間タイプと3社間タイプのファクタリングが存在します。
まず、2社間タイプのものはファクタリング利用者とファクタリング会社の2社によるものです。
このタイプには、勤務先にファクタリングを利用する旨を伝える必要が無いため比較的気軽に利用出来るというメリットがありますが、その反面信頼性を担保するため手数料は3社間タイプのものより高く設定されていることがほとんどです。
次に3社間タイプですが、こちらは利用者・ファクタリング会社・利用者の勤務先という3者の間で債権譲渡を行うタイプになります。
このタイプは給与債権の未払いのリスクが少ないため、手数料は比較的安めですが、給与ファクタリングを利用することが勤務先に知られてしまうというデメリットがあります。


こうした給与ファクタリングを利用するメリットには、金融事故などを起こしてブラックリスト入りしてしまっている人でも資金を調達出来るという点があります。
給与ファクタリングは借入ではないため審査が無く、利用者がブラックリスト入りしているかどうかという事は考慮されないことがほとんどです。
また、借入ではないため、信用情報に悪いデータが残らないという点もメリットの1つです。
信用情報は、クレジットカードやマイカーローンなどの審査の際に重要になってきます。
フリーターやパート勤務など給与額が低い人でも、一定の給与があれば利用出来るというメリットもあります。
また、専業主婦で現在収入の無い人でも配偶者に収入があり、配偶者の同意を得ていればファクタリングを利用出来る可能性もあります。

次の記事へ