TOP > ファクタリングについて > 中小の建設業の事業資金問題は「ファクタリング」で解消

中小の建設業の事業資金問題は「ファクタリング」で解消

建設業では、売上増により売掛金を多く保有していても、実際に代金が支払われるまでは安心できない面を持っています。
何故なら事業の性質上、一つの案件の代金が大きく、支払いが行われるまでの期間が長い、という点があるからです。
長い工事期間の間、資材コストや人件費を調達しなければならず、事業資金が不足してしまう事態にもなりかねません。
そんな場合に有効なのが、「ファクタリング」による資金の調達です。
また、中小の建設業の多くは、売掛先企業(クライアント)が、倒産や廃業などに陥った場合、もろにその影響を受けてしまいます。
特に工事代金が高額な案件を受注していれば、それは尚更です。
「ファクタリング」を利用すれば、ファクタリング会社に売掛債権を譲った時点で、そのリスクを解消することが出来ます。
買戻し請求の有無は契約時に定めてありますので、買戻し請求権無しの契約であれば、売掛先企業が倒産した場合でも、売掛金保有企業に返済の義務は生じません。
このようにファクタリングは資金繰りの改善のみならず、安定した経営という点でもメリットを多く含むということになります。


前述しましたように「ファクタリング」を利用するメリットは多くありますが、実際に利用を検討するにあたって、「売掛先企業に通知・承諾を得なければいけないから」と利用を躊躇してしまう事業主の方も多くいます。
確かに売掛債権を現金化したいという場合、「資金繰りがかなり悪化しているのではないか」と思われてしまう場合もあります。
ですが、売掛先企業に知らせることなく行える「2社間契約」という方法もあります。
売掛先企業に通知・承諾を得る「3社間契約」と比較して手数料や審査基準は異なるものの、手っ取り早く売掛債権を現金化するには一番良い方式です。
どちらの契約方法を取るかは、企業の事情や経営状態によっても違ってくるでしょうから、信頼できるファクタリング会社に相談してみることをおすすめします。


中小の建設業の場合、売掛先企業(クライアント)との関係は、資金繰りに大きく影響します。
そのため、常に現金や資金繰りの流れを考えておく必要があります。
建設業界には、助成金や補助金制度を活用する方法もあるでしょうし、公庫から融資を受けるなどの資金調達方法もあるかと思います。
しかしながら、助成金や補助金制度には申請の手間もかかり、審査にも時間がかかるのが現実です。
そのため、すばやい資金調達や、短期間での資金繰りの改善にはあまり有効ではありません。
やはり、一日も早く資金調達を行いたい場合には「ファクタリング」が一番おすすめです。
自社の保有する売掛債権を活用した方法ですので、これ以上負債を増やすことがありません。
そして売掛先企業が倒産や廃業により、支払い不能状態になった場合のリスクを抱えずにすみます。
ファクタリングは、中小の建設業にとっては非常に安心かつ有効な資金調達方法といえるでしょう。

次の記事へ