ファクタリングのメリットと資金回収の代行

TOP > ファクタリングについて > ファクタリングのメリットと資金回収の代行

ファクタリングのメリットと資金回収の代行

自社の取引先のために仕事をすれば、その対価としてお金が支払われる事にあります。
ただ金額が少々大きい時は、すぐに支払うのは困難なので、数ヶ月先になるケースも少なくありません。
今月中に支払うのは難しいので、半年先になるケースもよくあります。
この場合は、半年後に支払われる予定の売掛金が発生している状態になります。
ところで半年ほど経過すると、取引先から資金回収するケースがあります。
というのも売掛先によっては、半年経過してもお金を支払わないケースがあるからです。
売掛先の資金繰りが順調でない時などは、実際支払われないケースもあります。
その場合、売掛先からお金を回収する為に動かなければなりません。
しかしその交渉は、必ずしも簡単ではありません。
上手く交渉しないと、なかなか回収できないケースもあります。


ところで上記のように半年後などに支払われる予定の売掛金があるなら、ファクタリングというサービスが検討される事があります。
ファクタリングは、売掛金を売却する商品です。
金融会社には手数料を支払う事にはなりますが、自社が抱えている売掛金を買い取ってもらう事も可能なのです。
早めにお金を確保したい時などは、よくファクタリングが活用されています。
ところでファクタリングには、上述の回収に関するメリットもあります。
自社で資金を回収するのは面倒な時などは、ファクタリングも検討してみると良いでしょう。
一旦は売掛金を買い取ってもらった上で、実質的には回収を代行してもらう事も可能だからです。
しかも自社としては、支払い予定のお金を一部確保する事ができますし、そのメリットは大きいです。


例えば半年後に800万円が支払われる予定ではあるとします。
しかし現時点では、果たして半年後に800万円が満額支払われるとは限りません。
そこで金融会社に相談して、800万円という債権を買い取ってもらう訳です。
800万円は、全額支払われるのではありません。
実際には手数料も差し引かれるので、700万円や600万円台になる事が多いです。
しかし一旦売却した後は、わざわざ自社が売掛先と交渉して、資金回収する必要はありません。
実質的には、その資金回収を金融会社に代行できるからです。
お金を回収する手間を省ける訳です。
また満額でないと言っても、600万円台や700万円台などの資金を確保できるメリットも大きいです。
速やかにお金を確保しておきたいなら、ファクタリングを活用してみると良いでしょう。

次の記事へ